社会

「ウーブン・シティ」とは?意味や内容を一言でいうと…

2021年3月13日

ウーブン・シティ

ウーブン・シティとは一言でいうと…?

ウーブン・シティを一言で表現すると、「トヨタ自動車㈱が手掛ける、AI技術による健康管理から環境に配慮されたモビリティ運用まで行う実証実験都市」である。

ウーブン・シティとは?

ウーブン・シティとは、トヨタ自動車㈱が静岡県裾野市に保有する工場跡地にて建設することを発表したスマートシティである。

 

ウーブン・シティ(Woven Ctiy)を直訳すると「織り込まれた街」の意となる。

これは、街のなかを通る道が網の目のように織り込まれたデザインとなることから付けられており、その道とは以下の3種類に分類される。

  1. 完全自動運転やゼロエミッションの自動車のみが走行する自動車専用道路
  2. 歩行者と低速で移動するパーソナルモビリティが共存する道
  3. 歩行者専用の道

これに加えて、地下に物流用の自動運転自動車専用道路を設ける予定である。さらに生活のための燃料電池発電も含め、インフラはすべて地下に設置される。

また、センサーにより集積したデータやAIを活用し、住人の健康状態のチェックなど生活の質を高める取り組みも行う。

 

公式サイト

 

 

 

-社会

© 2021 コトバペディア