社会

「DX」とは?意味や内容を一言でいうと…

DX

DXとは一言でいうと…?

DX(デジタルトランスフォーメーション)を一言で表現すると、「データやデジタル技術の活用による企業のビジネス全般の変革」である。

DXとは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、ITを活用した業務の効率化にとどまらず、製品やサービス、ビジネスモデルも既存の物質依存の様式から、データやデジタル技術を活用していくことへの変革全般を指す言葉である。

身近な例を挙げると、音楽業界に着目すると、従来は楽曲をレコードやCDという形で商品としていたが、近年では、楽曲自体の購入がデータ上で行えたり、サブスクリプションによる配信サービスによって提供されていることなどがこのDXに該当する。

経済産業省としても、"あらゆる産業において新たなデジタル技術を利用してこれまでにないビジネスモデル を展開する新規参入者が登場し、ゲームチェンジが起きつつある。"(「DX推進指標」とそのガイダンスより一部引用)と昨今の情勢を分析し、DXを我が国企業に推進していることに加え、経済産業省自体もDXの推進を行っている。

参考サイト

-社会

© 2021 コトバペディア